「柔らかい」革財布を使って癒されてみませんか?

皆さんが財布(メンズ)を選ぶときのポイントは何でしょうか?
こだわりのブランドや、形、素材、様々なポイントがあると思います。今回は、素材にスポットを当て、その中でも「柔らかい革財布(メンズ)」について、それぞれの革の種類や特徴、お手入れ方法なども一緒にご紹介していきます。

柔らかい革のメンズ財布の特徴

羊革財布
Japanese money in unique wallet

ここでは柔らかい革の特徴をご紹介致します。

柔らかい革の素材とは?

革
Closeup man hand check dark brown full grain leather shallow focus

素材として柔らかい革は、「羊革」「山羊革」「鹿革」です。この中でも特に柔らかいとされているのは、羊革で、高級な手袋の素材としても利用されているほどです。
ただ、メンズ財布となると、これらの革が使われているものはそう多くはなく、自分好みのデザインや機能の付いた財布を探すのは困難かもしれません。
一方、メンズ革財布によく使われているのは、「牛革」と「馬革」です。この中で柔らかいのは馬革ですが、メンズ財布によく利用されるコードバンと呼ばれる農耕場の臀部の革は牛革よりも硬い素材です。
牛革ににもいくつかの種類があり、その中でもカーフレザーは生後6ヶ月以内の子牛の革で高級素材として扱われています。

柔らかい革の鞣(なめ)し方とは?

「鞣し」とは、動物の皮を科学的な処理で腐らせないようにする工程のことです。
鞣しの工程を経て、生ものであった「皮」から腐りにくい製品としての「革」へと生まれ変わります。

そして鞣し方にもいくつか種類があり、どのような革になっていくかは、この鞣し方で決まります。

クロム鞣しの特徴

クロム鞣しは、多くの革製品で使用されてる
柔軟性や耐久性に優れている
水分に強い
リーズナブルな価格で購入できる
基本的に製品のメンテナンスが必要ない
ただし、経年変化はほとんどしない

タンニン鞣しの特徴

クロム鞣しよりも早く主流になった鞣し方
時間と手間がかかるためコストも高くなる
クロム鞣しよりも柔軟性がなく、仕上がりもやや硬め
経年変化を楽しめる

コンビネーション鞣し

クロム鞣しとタンニン鞣しのいいとこどりの鞣し方
タンニン鞣しの経年変化を楽しめつつ、クロム鞣しの柔軟性や耐久性をも兼ね備える
ただし、それぞれの鞣し方と同等の性能を持っているわけではない

おすすめの柔らかい革とは?

上記のことを踏まえると、
「羊革」「山羊革」「鹿革」は体感として柔らかさを感じますが、クロム鞣しされているカーフレザーも、柔らかさを感じることができる素材であることがわかりますね。
人によって理想の柔らかい財布は異なりますが、優先順位として柔らかさを求める方には、「クロム鞣しの牛革」が向いていて、時間の経過とともに柔らかさと経年変化を楽しみたい方には、「タンニン鞣し」が向いています。

柔らかい革のメリット・デメリットとは?

メリット・デメリット

メリット

柔らかい革財布のメリットは以下の通りです。
手になじんで使いやすい!
上質な雰囲気や味を楽しめる(経年変化も)!
〇鞣し方で異なるメリットがある!

デメリット

柔らかい革財布のデメリットは以下の通りです。
型崩れしやすい
柔らかすぎると扱いづらい
△鞣し方で異なるデメリットがある
ものによってはメンテナンスが必要なので手間がかかる

柔らかい革のメンズ財布のお手入れ方法

革財布お手入れ

お手入れ用品

柔らかい革財布は場合によってはお手入れが必要なものもあります。お手入れに必要な用品は以下の通りです。
★柔らかいブラシ
★綺麗な布
★革専用クリーム
以上です。綺麗な布は大きめのものだと使い分けできます。

お手入れの手順

1.柔らかいブラシで優しくブラッシングして、財布の表面のホコリや軽い汚れを落とします。
2.革専用クリームを綺麗な布につけ、ムラにならないように薄く塗ります。
3.クリームが付いていない、綺麗な布の乾いた部分でクリームが残らないように全体を拭きあげます。
4.日陰で風通しが良い場所でしっかりと乾かします。
以上が柔らかい革財布のお手入れの手順です。

【ポイント】
お手入れに使用するクリームは、財布の素材に適したものを選ぶようにしてください。

柔らかい革のメンズ財布おすすめブランド

柔らかい牛革のおすすめメンズ財布

COCOMEISTER(ココマイスター)・「ナポレオンカーフ」

ココマイスター財布
出典:COCOMEISTER

ココマイスターから出ている、「ナポレオンカーフ」という牛革素材の人気のメンズ財布です。ナポレオンカーフとは、カーフという子牛の革を使用し、起毛させオイルを染み込ませ作られている素材のことです。
前述の通り、カーフは大人の牛と比べて非常に柔らかく、キメも細かい革です。この柔らかくしっとりとした革財布は、手に吸い付くような感覚で自分の手になじんでくれ、経年変化も楽しめるメンズ財布です。

柔らかい羊革・鹿革のおすすめメンズ財布

CYPRIS(キプリス)・「ラウンドファスナーハニーセル長財布」

キプリス財布
出典:CYPRIS
キプリスの「ラウンドファスナーハニーセル長財布」です。外側には最高級のカーフレザーが使われていますが、内側には羊革を用いて、ソフトな風合いを出しています。羊革は大変柔らかいため、ハニーセルのようなカードがたくさん収納できる財布の内側に利用するのはグッドなアイディアですね!柔らかい素材のため、カードの出し入れもしやすくカード入れが折り重なるようなデザインでも分厚くなりすぎず、使いやすくなっています。

CYPRIS(キプリス)・「ディアスキンⅡ」

キプリス鹿革二つ折り財布
出典:CYPRIS
ニュージーランドの鹿革を使用している、柔らかい革財布です。タンニン鞣しされたこの鹿革は、「革のカシミア」と呼ばれるほどの究極の革で、数ある鹿革の中でも肉厚で柔らかくしっとりとした風合いが特徴の素材です。
経年変化を楽しむと同時に、どんどん手に馴染んでいく感覚も楽しめる財布です。

まとめ

いかがでしょうか。今回はメンズ革財布の柔らかい素材についてご紹介してきました。革の中でも、「羊革」「山羊革」「鹿革」は大変柔らかいこと、「牛革」や「馬革」でも種類や部位によって柔らかさが違うことや、鞣し方によっても柔らかさが異なるということをお伝え出来たかと思います。それぞれの革の特性に合った使い方をしている財布に出会うと、使いやすく手にもなじんでくれ、時間の経過とともにさらに自分だけの財布として魅力が増していくことでしょう。皆さんも自分だけの柔らかい革財布を見つけてみませんか?