【メンズ財布】サイズの決め手となるのは○○!

メンズ財布選びの際に、迷ってしまうのが「サイズ感」ではないでしょうか?ブランドや素材、デザインも、財布選びにおいて重要なポイントですが、財布はサイズ感によって収納力や見た目の印象も大きく変わってきます。そこで今回は、メンズ財布を選ぶ際に参考にしていただきたい、サイズ感のよる特徴の違いや、それぞれのサイズのおすすめのメンズ財布をいくつかご紹介していきたいと思います。

サイズによって異なるメンズ財布の特徴

財布を選ぶ際に、「コンパクトなサイズのものがいいのか?」「それとも存在感のある長財布がいいのか?」なんて悩んでしまったら、それぞれが持つ特徴を見てみましょう。

サイズが小さめのメンズ財布

三つ折り財布や二つ折り財布のように、手のひらにすっぽりと収まるようなコンパクトなサイズ感のサイズは、男性(メンズ)の間でも人気が高まっており、大人の男性向けの様々なブランドも数多く手がけています。その理由は、徐々に浸透しつつあるキャシュレス化による影響であったり、物を必要以上に持たない「ミニマリスト」の存在も大きいと言えます。

サイズが小さめなメンズ財布の特徴としては、次のような点が挙げられます。
◆スーツや上着のポケットにスマートに入れておける
◆三つ折り財布の場合、コンパクトである分、厚みがアップする
◆サイズが小さくても、使い勝手が良く収納力の高いものが多い
◆紙幣に折り目が付いてしまうのが難点

以上のことを踏まえて、小さめなメンズ財布がおすすめなのは、次のようなタイプの方です。
◆カバンなどの荷物はできるだけ持ち歩きたくない
◆ポイントカードやレシートなどをあまり持ち歩かない
◆カジュアルなファションにも似合う財布が好み

サイズが大きめのメンズ財布

存在感と重厚感のある長財布は、収納力が高くカード類やレシートなどの整理もしやすいので、トレンドに関係なく人気が高いタイプとも言えます。そんな長財布が持つ特徴は、次の通りです。
◆紙幣を収納しても折り目が付かない
◆カード類や小銭などもたくさん収納できる
◆財布の面積が大きいため、素材の良さが映える
◆ポケットに収納できずカバンが必要となる場合も

長財布にも、その際サイズ感ゆえのメリットとデメリットがあることがわかりますね。そんな長財布がおすすめなのは、次のようなタイプの方です。
◆オフの日もカバンを持ち歩く
◆カード類は一通り持ち歩きたい
◆カジュアルよりもシックな服装が好み

小さめサイズのおすすめメンズ財布

まずは、コンパクトな小さめサイズのおすすめメンズ財布をいくつかご紹介していきます。

ココマイスター(COCOMEISTER)・ジョージブライドル ロベルトパース


出典: ココマイスター(COCOMEISTER)
ココマイスターは、欧州の最高品質のレザーを採用し、日本の熟練した職人技によって仕立てられる、本格派の男性に好まれているブランドです。ご紹介している三つ折り財布には、英国が誇る最高級品質の「ブライドルレザー」を採用。ブライドルレザーは馬具にも使用されるほど丈夫で耐久性に優れている事でも知られています。紙幣収納とコインケース他にも、カードポケットとフリーポケットが3つずつ備えられているという収納スペースの充実ぶりには驚きですね。
【価格:36,000円】

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ) ・二つ折りウォレット


出典: BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)
一目でボッテガとわかるイントレチャートレザーを使用した、クラシックなデザインの二つ折り財布です。コンパクトな見た目ながら、カードケースが8個、紙幣入れが2か所と、収納力も抜群です。
【価格:60,500円】

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)・SLIM ZIP WALLET


出典: Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
ホワイトハウスコックスは、19世紀に馬具メーカーとしてイギリスで創業した老舗ブランドです。L字ラウンドのコンパクトでスリムなジップウォレットは、シンプルなデザインが洗練された印象に。カード収納や仕切りの役割も兼ねるコインケースが備わり、スリムな見た目以上の使い勝手の良さも、おすすめしたいポイントです。
使用されているヴィンテージブライドルレザーは、古くはローマ時代より続く英国の伝統的な製法によって仕上げられているものです。味わい深いエイジングを多能できるのも、魅力の一つだと言えます。
【価格:27,500円】

GLENROYAL(グレンロイヤル)・コンパクト折り財布(エンボス)


出典: GLENROYAL(グレンロイヤル)
グレンロイヤルは、1979年にスコットランドで創業された、英国を代表とするレザーブラドです。コンパクトなサイズ感の二つ折り財布は、シンプルな見た目にも関わらず、紙幣やコインケース、カード類の収納ポケットと、一通りの収納力を備えています。シーンを問わず活躍するシンプルなデザインなので、ビジネスシーンにはもちろん、旅行などの荷物をなるべくコンパクトにまとめたい時などにもおすすめです。
【価格:24,200円】

大きめサイズのおすすめメンズ長財布

おすすめのメンズ長財布は、次の通りです。

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ) ・コンチネンタルウォレット


出典: BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)
「ボッテガ」のレザーアイテムと言えば、熟練の職人技によって生み出されるイントレチャートが定番ですが、あえてイントレチャートではなく「アリゲーター(ワニ)」のレザーを使用している財布を持つことで、ワンランク上のオシャレ感が漂います。紙幣入れとコインケースに加えて、10個のカードケースを備え、使い勝手も文句なしの一品です。
【価格:561,000円】

ココマイスター(COCOMEISTER)・シェルコードバン
アーチデューク


出典: ココマイスター(COCOMEISTER)
「レザーの王様」とも呼ばれているシェルコードバンを使用している、メンズ長財布です。シェルコードバンとは、もともと希少な素材である上に、加工にかなりの手間や時間がかけられた最高級レザーなのです。そんなシェルコードバンを、内装にまで使用した贅沢な長財布は、非常に希少な存在とも言えます。
サイズの大きな長財布なら、シェルコードバンの高級感を存分に楽しむことができるでしょう。
【価格:120,000円】

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)・3FOLD WALLET

出典: Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
ステッチがアクセントになっている、シンプルながらデザイン性も文句なしの、メンズ長財布です。ホワイトコックスの定番とも言えるブライドルレザーを使用した2トーン仕様で、外装と内装のコントラストも楽しむことができます。ユニセックスなデザインなので、夫婦やカップルの共有財布としてもおすすめです。
【価格:42,900円】

まとめ

今回は、メンズ財布におけるサイズによって異なる特徴や、それぞれのサイズのおすすめのメンズ財布をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?毎日持ち歩く財布は、ご自身のお好みはもちろん、ライフスタイルにもピッタリと合ったものを選びたいものですよね。
ぜひ、お好みのデザインや素材で、かつサイズ感がぴったりな財布を見つけてくださいね。