人気ブランドのメンズ 財布・タイプ別にご紹介!

「メンズ向けの財布」と言っても、そのタイプは三つ折りの「極小」なタイプのものから、収納力の高い長財布タイプのものまで、大きさやデザインは様々です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自身のお好みやライフスタイルなどによって、ベストなタイプの財布を探してみてはいかがでしょうか?今回は、メンズ向けの財布をタイプ別にご紹介していきたいと思います。

タイプによって異なる財布の特徴

冒頭でも触れたように、大きさやデザイン、仕様などのタイプによって、使い勝手の良さはもちろん、見た目の面でも大きく印象の異なるメンズ財布。様々なタイプのメンズ財布が販売されていますが、大きく分けると「三つ折りタイプ」、「二つ折りタイプ」、そして、「長財布」の3つのタイプに分けることができます。まずは、それぞれの特徴をつかむために、メリット・デメリットを見てみましょう。

三つ折りメンズ財布のメリット・デメリット

手のひらにすっぽりと収まるサイズ感が人気の三つ折りタイプのメンズ財布は、携帯性が一番の魅力です。コンパクトなサイズ感でありながら、紙幣収納やコイン収納、カード入れと、普段持ち歩くのに十分な収納力も兼ね備えているものが多く、三つ折りタイプの財布一つで十分という意見がほとんどです。

反対に、三つ折りタイプのデメリットとして挙げられるのは、二つ折りタイプや長財布よりも収納力の面では劣ってしまうという点です。お金やカード類をあまり持ち歩かないという方には非常に向いているタイプの財布だと言えますが、そうでない方には物足りなさを感じるでしょう。
また、あまりにもコンパクト過ぎるタイプの財布だと、きちんとしたイメージに欠ける場合があるので、職種によってはビジネスシーンでは使いにくいかもしれません。

二つ折りメンズ財布のメリット・デメリット

紙幣を二つに折って収納する二つ折りタイプのメンズ財布は、三つ折りタイプのようなコンパクトさと、長財布のような収納力のいいとこ取りを叶えています。ポピュラーでベーシックなタイプの財布なので、ほとんどのブランドが二つ折りのメンズ財布を展開。そのため、どのブランドでも選択の余地があるという点も、魅力の一つです。また、大きすぎず小さすぎない程よいサイズ感で、持ち歩きやすさや使いやすさも抜群です。

携帯性や収納力に申し分のない二つ折り財布ですが、あえてデメリット挙げるとすれば、コンパクトなサイズであるがゆえに、厚みがあるのでかさばりやすいという点です。小銭やレシート、カード類をたくさん入れると厚みが増してしまい、型崩れの原因にも・・・。

メンズ長財布のメリット・デメリット

紙幣を折らずに収納することができ、カード入れの数も他のタイプの財布に比べて多い、メンズ向けの長財布。一番のメリットとしては、やはりその大きさゆえの収納力です。普段から持ち歩くお金やカード類が多かったり、領収書などの管理が必要な方は、長財布タイプをおすすめします。また、長財布タイプはきちんとした印象を与えてくれるので、ビジネスシーンに最も適しているタイプのメンズ財布だと言えます。

収納力が抜群であるがゆえに、その分大きめなサイズ感になってしまうという点が、長財布タイプのデメリットです。紙幣よりも一回り以上大きいサイズとなるため、ポケットに収納しにくく、オフの日でもカバンを持ち歩くことが必要となる場合があります。

三つ折りタイプのメンズ財布

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)



出典: Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
ホワイトハウスコックスは、高品質の馬具用品や鞄、財布などのレザーアイテムを手掛けてる、英国の老舗ブランドです。ご紹介している三つ折りタイプの財布は、アウトサイドの半円形フラップのデザインがホワイトコックスらしい一品。内側にはマチのある小銭入れや、多目的なポケットが装備されているため、収納力も抜群。素材には、強く耐久性のある最高級グレードのレザーを使用しています。

紙幣入れ:1ヶ所
小銭入れ:1ヶ所
カード入れ:5ヶ所
ポケット:3ヶ所
【価格:42,900円】

ココマイスター(COCOMEISTER)



出典: ココマイスター(COCOMEISTER)
ココマイスターは、欧州の最高品質のレザーを採用し、熟練した技術を持つ日本の職人によって手掛けられているレザーアイテムを展開しています。ご紹介している三つ折りタイプのメンズ財布は、「レザーの王様」とも呼ばれているブライドルレザーを使用している本格派。内装にもブライドルレザーを使用し、使い込みほどに味のある風合いを楽しむことができます。

紙幣入れ:1ヶ所
フリーポケット:3ヶ所
カードポケット:3ヶ所
小銭入れ:1ヶ所
【価格:36,000円】

二つ折りタイプのメンズ財布

FARO (ファーロ)



出典: FARO (ファーロ)
ファーロは、変化するトレンドや時代にマッチしたレザーアイテムを手掛けている日本生まれのブランドです。ご紹介している二つ折り財布は、コンパクトさに加えて、その薄さも魅力の一つです。熟練の職人によって施される外装と内装は、ともに0.4mmという薄さのカーフレザーを貼り合わせたもの。しなやかな感触に加え、上品なフォルムを叶えています。

紙幣入れ:1ヶ所
小銭入れ:1ヶ所
カード入れ:7ヶ所
【価格:39,600円】

IL BISONTE (イル ビゾンテ)



出典: IL BISONTE (イル ビゾンテ)
イル ビゾンテは、イタリア・フィレンツェ生まれの老舗レザーブランドです。ご紹介している二つ折りタイプのメンズ財布は、紙幣入れとコイン収納、カード収納といった必要最低限のディテールを装備。レッドやグレー、オリーブなど、カラーバリエーションが豊富なところも、魅力の一つです。

紙幣入れ:1ヶ所
コイン収納:1ヶ所
カードポケット:3ヶ所
【価格:17,600円】

メンズ長財布

GLENROYAL(グレンロイヤル )



出典: GLENROYAL(グレンロイヤル )
グレンロイヤルは、英国を代表とするレザーの名門ブランドです。そんなグレンロイヤルのロングセラーモデルが、ご紹介しているフラップ付きのメンズ長財布。カーブを描くようなデザインのコインジップは、使い勝手を追求したことから生まれました。お金やカード類をたくさん収納して厚みが出てしまった場合は、外装のベルトの長さを調節することで対応することができます。

紙幣入れ:4ヶ所
カードポケット:5ヶ所
コイン収納:1ヶ所
【価格:44,000円】

LAST CROPS (ラストクロップス)



出典: LAST CROPS (ラストクロップス)
ラストクロップスは、「繰り返し造り続けることでこそ生まれる価値がある」をコンセプトに掲げているレザーブランドです。ご紹介しているメンズ長財布は、イタリアの「CONCERIA WALPIER社」のオイルレザーのブッティーロとマレンマを採用。レザー独特の繊細さと迫力を存分に堪能できるタイプの長財布です。

紙幣入れ:1ヶ所
コイン収納:1ヶ所
カード入れ:8ヶ所
マルチポケット:1ヶ所
【価格:55,000円】

まとめ

今回は、メンズ向けの財布をタイプ別にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?財布のタイプよって、見た目の印象はもちろん使い勝手も大きく異なりますので、ぜひ愛用したいメンズ財布を見つけてくださいね。