布の財布(メンズ)ってどんなものがあるの?

メンズ財布で人気なのはレザーの財布ですが、オシャレでリーズナブルな布の財布も持ってみたい!そんな方に布財布の魅力をお伝えします!

布の財布のメリット・デメリット

メリット

布自体、原産地によってデザインや雰囲気が異なるためそれぞれの布の魅力を感じることができる。
布は柔らかく手になじみやすい。
優しい雰囲気がある。
リーズナブルなので、気に入った財布は色違いでも持てる!

デメリット

生地によっては強度が低い。
汚れが付きやすい・目立ちやすい。

ハンドメイドの布の財布

一澤帆布財布
出典:一澤信三郎帆布
「一澤帆布製」というタグを見たことがある方のも多いのではないでしょうか?この製品を作っている「澤信三郎帆布」は100年以上変わらないものづくりの手法で、丁寧なものを作り上げています。この布の財布は、二つ折りの横長の財布で、ボタンで閉めて使うタイプです。財布の中のポケットは二段構えの作りとなっており、深い方のポケットには十分な量の小銭を収納することができます。横についているホルダーにひもを通し、首から下げることもできます。昔の人は首から下げたこの布の財布を着物や作務衣の懐にしまって使っていました。薄型でシンプルですが、使い勝手がよくレトロな雰囲気の布財布をオシャレに使いこなしてみたいですね。

人気の布の財布をご紹介!

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

マンハッタンポーテージ財布
出典:Manhattan Portage

マンハッタンポーテージは、男性にも女性にも人気のあるストリート系カジュアルブランドです。男性なら10代から40代、女性なら10代から30代と幅広い年齢層に人気です。お子さんへのプレゼントや男女でペアで持ってもオシャレな財布ですね。コンパクトですが、以下のような機能付き!
・内側に5つのカード入れ付き
・札入れとレシートが別々に収納できます
・外側には出し入れし易いポケット付き
・小銭入れはスナップで開閉
・ベルクロで開閉、ウォレットチェーンリング付き
【価格:5,830円(税込み)】

BEN DAVIS(ベン・デイビス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Let-Get(@dogtown41)がシェアした投稿


ベンデイビスと言えば、にっこり笑ったゴリラのロゴマークが特徴的ですよね。黒をベースにしている布財布にこのゴリラのロゴが入ることで、一気にストリート系カジュアルファッションアイテムになりますね。こちらの支持層もマンハッタンポーテージ同様、10代から30代でしょうか。価格帯は1万円前後のものが多いので手軽に持てるアイテムです。こちらの財布は、札入れ、カード入れ、マルチポケットと小銭入れが備わっており、収納力抜群です!プレゼントとしても最適ですね。
【価格:3,190円(税込み)】

吉田カバン・PORTER(ポーター)

DRAWING布財布

ポーター布財布
出典:PORTER
ポーターは若者に人気のナイロンやキャンパス素材で作られた製品から大人の男性に人気の革製品まで取り扱っている、有名なブランドです。木村拓哉さんがドラマの小物で使用したことでも人気を加速させました。こちらの布財布は、丈夫な帆布生地を使用しており、そこにうっすらとストライプが浮かびあがる特徴的なデザインになっています。内側はお札入れが2か所と小銭入れマルチポケットも備わった布財布です。このサイズならジャケットの内ポケットにも、パンツのヒップポケットにも収納しやすいですね!
【価格:6,500円+税】

FREE STYLE布財布

ポーター布財布
出典:PORTER
レザーのようにも見える独特の質感のあるこの布財布は、高密度に織り上げられた10号キャンバスの表面にポリウレタンを圧着させた生地を使用しています。様々なバリエーションがあるのでビジネスからカジュアル、さらには男女問わず人気の布財布です。 カラーは、キャメルの他にブラック、ブラウン、ホワイトを展開しています。
【価格:9,500円+税】

ZIP 布財布

ポーター布財布
出典:PORTER
ポーターから出ている布の小銭入れです。生地はコットンですが、高地で栽培されている原綿のため、通常のコットンより繊維が太く丈夫です。色落ちしやすい顔料コーティングを施してあるので、経年変化を楽しめる布財布です。白の布の小銭入れは持っているだけでさわやかで素敵な印象を与えますね!

いかがでしょうか。布の財布の魅力をご理解いただけましたでしょうか。これから財布を新調しようと考えている方や就職祝いや誕生日プレゼントに財布をと考えている方も、この機会に素材や生地にこだわっている布の財布をチョイスしてみてはいかがでしょうか。また、日常のシーン別に合わせて、ビジネスシーンではレザーの財布、プライベートシーンでは布の財布というように使い分けることでそれぞれの良さを楽しむことができますよね。日常的に肌身離さず持つものだからこそお気に入りの財布に出会えるといいですね!