珍しいメンズ財布

人とはちょっと違う珍しい財布を使てみたいと思ったことはありますか?「珍しい財布」といっても笑ってしまうような面白さのある珍しさではなく、今回は形や素材、収納の作りなどがよく見る財布と違っている個性的でカッコイイ、そんな珍しい財布を見ていきましょう。

作りが個性的で珍しい財布

一般的な財布と違って蓋の付き方や小銭入れの構造が変わっていたり、内側が取り外せたりとあまり見たことがない作りの財布を紹介します。

ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット(COCOMEISTER)

出典:COCOMEISTER
英国やイタリアなどの最高傑作の天然皮革を主に採用し、日本の熟練職人が仕立てる高品質な革製品ということで人気のCOCOMEISTER(ココマイスター)。数多くあるシリーズの中の一つ、ナポレオンカーフシリーズのアレクサンダーウォレットというかぶせ蓋が2つ付いている珍しいデザインの財布があります。片方のホックを開ければ小銭入れが、もう片方のホックを開けると紙幣やカード類を収納するスペースが出てきます。どちらの収納も財布の幅を生かしたワイドサイズで蓋も大きく開いて中身も見渡しやすいです。また、ナポレオンカーフは経年変化を楽しめるレザーです。その変化の仕方も珍しく、一般のレザーよりも変化が激しく使い込むほどに違った表情を見せてくれます。
カラーバリエーションも豊富なので好みの色を見つけやすいと思います。

ハンモックウォレット(カルトラーレ)

出典:Cartolare
測量技師としての経験を活かし、作品のデザインをCAD(図面作成ソフト)を使い機能的な独自のデザインを作り出しているカルトラーレ。「もっと小銭が取りだしやすい財布があったらいいのに…」という代表自身の経験から作られたカルトラーレの財布は、誰が使っても小銭の出し入れがしやすいと感じるデザインになっています。カルトラーレの中でも、メディアで取り上げられた有名な財布がこちらのハンモックウォレットです。
財布を開けるとハンモック構造になっており、開閉口が大きく開く小銭入れが出てきて収納している小銭が一目で確認できます。お札やカードも収納でき、収納力もあるのに厚みが出ないような設計がされているので、ズボンのポケットやスーツの胸ポケットにも入れやすく持ち運びにも便利です。国産の天然牛革を使ったタイプが標準モデルですがほかにもイタリアレザーを使ったタイプや、ゴートレザーを使ったタイプもあり種類も豊富です。
また、キャッシュレス時代対応のための電子マネーカードを入れる外装カードポケットが両方の外側に付いたタイプも登場しています。

L字ジップ長財布#H01(Dearest)


出典:Dearest
世界品質の日本製の財布を厳選して紹介しているセレクトショップ、Mens Leather Storeのデザイン性と機能性を追求し、職人と企画したオリジナルブランドDearest(ディアレスト)。そのオリジナルブランドから出ているパーツが分解できる長財布です。
外見は上質な革を使った何の変哲もない普通のL字型のジップ財布ですが本体カバー、カードケース、小銭入れ、ストラップをそれぞれ分解でき、自分好みにカスタマイズできます。
本体ケースはポーチにもなり、スマホの大きさによってはスマホ収納もできるミニポーチにもなります。トノ一型(樽型)のデザインのカードケースはカードを収納したときにできる膨らんだ歪みを解消し、きれいな直線を描くように設計され、本体カバーに挟み込むときに引っかかりがなく使用が可能です。また、小銭入れは上の部分が開くシンプルな造りになっています。本体カバーに入れた際には開口部のへりが閉じ、本体カバーの内側で開口部が塞がれるので小銭が落ちる心配もありません。
内外装ともに栃木レザーの牛革を使用し経年変化も楽しめます。

素材が珍しい財布

財布に使われる革というと牛革、馬革やクロコダイル革、豚革や山羊革(ゴートスキン)などがあげられると思います。今回紹介する素材はおそらく聞いたことがないような珍しい革だと思います。

オイルエレファントラウンドジップ(LE’SAC)

出典:LE'SAC

エキゾチックレザーの専門ブランドとして、希少価値が高い高級な革を熟練の職人が仕立て上げる財布を扱うLE’SAC(レサック)。エレファントレザー、つまり象革はワシントン条約で捕獲が禁止され現在は、アフリカのジンバブエでのみ限定流通が許可されています。エレファントレザーは日本での輸入が非常に難しくとても希少な革です。そのような希少な革を日本で加工しています。上質なオイルを使い硬かった革を柔らかくして仕上げ、撥水性と防汚性に優れた高級象革のオイルエレファントレザーへと完成させていきます。
デザインも札入れポケットが3か所、大きく開く小銭入れ、カードポケットが18か所も付いているという収納力も申し分ない財布です。

まとめ

こちらに紹介した珍しい財布は、定番の一般的な財布とはかなりデザインや造りが違う財布ばかりだったと思います。作り手が、使い勝手や素材にこだわった結果がこのように特徴的な財布を完成させたのです。探せばまだまだ出てきそうな珍しい財布。自分のお気に入りの珍しい財布を見つけてください。