財布の中でも、30代の男性が持つとかっこいいハイブランドの財布とは?

財布は日常的に必要な、持っている人のステータスを想像させる、ファッション小物アイテムですよね。例えば、30代の男性は社会的地位も向上してきて、20代の時には手が届かなかった憧れのハイブランドの財布を持ちたいと考える方も増えるのではないでしょうか。
本日はビジネスシーンでもさりげなく持てる、有名なハイブランドの財布をご紹介します。

財布を新調したい!ハイブランドの財布で30代男性を格上げする、その選び方とは?

財布メンズ30代

財布を新調し、30代男性らしい財布が欲しい場合。ハイブランドの財布を選んで格上げしたいですよね。ただ、間違った選び方をしてしまうと格上げどころか、やんちゃで派手なイメージになってしまうこともあります。
そこで、ここではどのようにしてハイブランドの財布を選べばよいか解説していきます。

形状で選ぶ

~長財布~
収納力の高い長財布は、カード類をたくさん持っている方やお札を曲げて収納したくない、財布の中をきれいに保っていたいという方におすすめです。
お札や小銭がどれだけ入っているのかを瞬時に確認できるため、会計をスムーズに行うことができ、30代の男性のスマートさを演出することができます。
ただし、二つ折り財布に比べるとサイズが大きく持ち歩くのに不便な場合もあり、財布をバッグに入れて持ち歩く方もいます。なかにはジャケットの内ポケットに収まる薄手の長財布などもあるので、自身の生活スタイルを考慮して選びましょう。

~二つ折り財布~
二つ折り財布はコンパクトなため、持ち歩きやすいというメリットがあるので、ポケットに財布を入れる習慣がある方には二つ折り財布がおすすめです。
一方で、お札が折り曲がった状態で収納されるのでお会計の時にもたついてしまったり、カードやお金を入れすぎると膨らんでスマートに見えないというデメリットもあります。
30代男性の中には、状況に応じてビジネスシーンでは長財布を使用し、プライベートシーンでは二つ折り財布を使用するといったような使い分けをしている人もいるようです

素材で選ぶ

財布の中でも、ハイブランドのものを選ぶ際は、上品な印象を醸し出すカウレザー(牛革)やコードバン(馬革)などのレザー素材を選ぶのがおすすめです。耐久性が高く、正しいお手入れ次第では長期間きれいな状態を保てます。
レザーと言っても革の種類やなめし方(加工方法)などによって見た目や肌触りが大きく異なります。
クロコダイル(ワニ革)やパイソン(蛇革)などのエキゾチックなレザーは、存在感が強いので場合によっては下品な印象を与えてしまう恐れもあるので注意が必要です。
TPOに応じて財布を使い分けできれば問題ありませんが、そうでない場合は避けた方が無難な素材です。
ともあれ、レザーの財布は長く使えば自分の歴史と重なっていき、経年変化も人生を感じさせる味になりますね。

財布は、ハイブランドのロゴが主張しすぎたり派手すぎないデザインを選ぶ!

服装のそれと同じように、ファッション小物もTPOに合うものを選ぶことが重要です。
財布は毎日使うアイテムだからこそ、奇抜なデザインやブランドロゴを前面に押し出したモノは、やんちゃで子供っぽく見えてしまうこともあるので、できる限りシンプルで飽きのこないデザインを選ぶのがおすすめです。
自分好みの財布を選ぶことも重要ですが、さまざまなシチュエーションに対応できる汎用性の高い財布がひとつあると便利です。

ビジネスシーンでも使えるベーシックな色を選ぶ

ビジネスシーンで財布を使う機会がある人は、財布の色でその人の印象を決定づけられると言っても過言ではないので、周りから好印象を持たれるブラックやネイビーなどのシックな色を選ぶと良いでしょう。
遊び心を求める方は、内側にアクセントカラーのある財布などをチェックしてみてくださいね!

財布の30代男性におすすめのハイブランド5選

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)財布メンズ
出典:GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)は、1921年にイタリアで創業されたファッションブランドです。品質を保証するために、世界ではじめて製品にデザイナーの名前を入れたことでも知られています。
時計や香水、アパレル製品やバッグ・財布などの革製品のファッション小物など幅広いアイテムを展開しており、ハリウッドセレブを中心とした数々の著名人からも愛されているブランドです。

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)財布メンズ
出典:PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)は、1913年にマリオ・プラダと弟のフラテッリ・プラダがミラノで皮革製品店を開業したのがブランドのはじまりです。イタリア王室御用達ブランドに選ばれるほど、上質な素材と優れた加工技術をもっています。

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
出典:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)は、日本はもちろん、世界でも最も有名で人気の高いハイブランドと言っても過言ではありません。トランク製造職人だったルイ・ヴィトンが1854年に設立しました。
ルイ・ヴィトンと言えば、モノグラムですが、それ以外にもダミエやエピ、ノマドなど豊富な製品ラインナップが魅力です。シンプルなデザインはビジネスシーンでも大活躍すること間違いなしです。

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)
出典:imn.jp

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)の財布と言えば、イントレチャート(編み込み)デザインが人気です。ラグジュアリーだけど気取らない雰囲気を持ち、30〜40代を中心に幅広い世代に支持されているハイブランドです。

HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)財布メンズ
出典:HERMES(エルメス)

HERMES(エルメス)は、1837年,ティエリ・エルメスがパリに開いた高級馬具店として創業されました。その後自動車時代の到来とともに旅行鞄,アクセサリー,時計などの製作を手がけるようになっていきました。
かの有名なナポレオン三世やロシア皇帝なども愛用したと言われているハイブランドです。

ハイブランドの財布を長く愛用するためお手入れ方法

こまめなお手入れが、ハイブランドの財布を長持ちさせると言っても過言ではありません。
その方法として、基本的にはやわらかい布で優しく乾拭きをして汚れやホコリを落とし、表面をキレイに保つことが重要となります。
レザーの場合は、定期的に専用のクリームを薄く塗布することで乾燥を防いでくれます。さらに水にぬれるとシミになったり傷みの原因にもなるので、ぬれたらすぐに乾いたタオルで拭き取りましょう。
また、日頃からお金やカードをたくさん入れすぎると、型崩れや傷みの原因になるため必要な分だけ収納したり整理整頓を心掛け、場合によっては、小銭は小銭入れを活用するなど工夫すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。豊富なラインナップのある財布ですが、その中でも今回は、30代男性が身に着けるとさらに格が上がる、ハイブランドの男性用の財布をご紹介しました。
基本的には自分好みを大切にしながら、TPOに合ったハイブランドの財布を選ぶと、日々の生活が楽しくなるだけでなく、周りからも一目置かれること間違いなしですね。皆さんの大切な財布選びの参考になれれば幸いです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:659 Stack trace: #0 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include() #1 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/menssaifu...') #2 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/index.php(17): require('/home/menssaifu...') #3 {main} thrown in /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 659