財布(メンズ)1万円台で買えるおすすめブランド

財布は欲しいけど予算に余裕はないというメンズの皆さん、1万円台で買える財布もあるのをご存知ですか???それって質は大丈夫なの?安っぽく見えない?などという不安の声があがりそうですが・・・確かに「やすかろう悪かろう」という言葉もあるように、安いなら安いなりのものもあります。だけど、何らかの企業側の努力や工夫によって、良品が安く売られている場合もあるんです。本日はそんなお手頃な良品たちを厳選してご紹介していきたいと思います。それでは早速「財布(メンズ)1万円台で買えるおすすめブランド」のテーマに沿ってお話に入っていきましょう!!

財布(メンズ)1万円台で買えるおすすめブランド

メンズ財布 1万円代

まずはじめにお話しておきたいのが、安いなら何かは妥協しなければならないということ。
デザイン、機能性、丈夫さなど全てにおいて満足する財布を得るには、やっぱりそれなりの予算が必要です。安い財布はその全てが揃っているわけではありません。よって、財布を安く買いたいメンズのみなさんは、1万円台の財布を探す前にまず「デザインはシンプルでもいいからできるだけ長持ちするものがいい」とか「まずは見た目が大事!ある程度の期間使えればいいから好みのものが欲しい」とかいう風に、何を優先して何を妥協するのか整理しておく必要があります。

安いけど良い財布のチェックポイント

・使われている素材&部品

素材はやっぱり本革が一番長持ちします。本革にも様々な種類がありますので、その革がどんな特徴を持つのかもしっかりチェックしましょう。
また、合成皮革やファブリック系素材なら安価で凝ったデザインを作ることが可能です。1万円台でも素敵なデザインのものがたくさんあるでしょう。ただし、丈夫さでいったらやっぱり本革に劣ります。同じくファスナーやホック、使われている糸などもチェックできるのであれば見るようにしましょう。

・内張り

本革財布と謳われているものでも、内張りを合成皮革やファブリック系素材にすることでお手頃プライスを可能にしているものもあります。内張りはカード入れや小銭入れもついていますし、頻繁に触る箇所なので丈夫に越したことはありませんが、見た目重視なら妥協するというのも一つです。

・縫製

衣類でも革小物でも縫製は非常に重要なポイントですよね。安いものは縫製が雑だったり強度が弱かったりすることもあるので、要チェックです!!

・製作国

上質な素材や部品を使っていてもお手頃な場合は、製作工場が賃金の安い外国であることがとても多いです。一概に「国産だから安心で外国産だからだめといったことはありませんが、ここもチェックすると良いでしょう。

・デザイン性

凝ったデザインのものはどうしても経費がかさむ傾向にあります。シンプルなものなら上質で安価というのが叶うかもしれません。

・コバ処理

上質な財布は間違いなくコバ処理がとても美しいです。コバ処理はとても手のかかる作業のため、安価なものだとコバ面がぶさぶさだったり処理されていても甘かったりすることもよくあります。コバ処理が甘いと長持ちしないという面もありますので、細かい部分ですがよく見てから購入した方が良いです。

以上の6つのポイントをよく理解して、どこを重視したいのか、どこなら妥協してもいいのか、考えてみてくださいね。

SLOW

SLOW 財布メンズ
出典:SLOW

2008年にできた日本のレザーグッズブランドのSLOWでは、比較的安価な財布がたくさん並びます。最も高価なものでも4万円弱とハイブランドと比べるとお手頃です。

SLOWで使われている素材は100%タンニンなめしが施された質の良い革が多いです。
革の柔らかい雰囲気が存分に感じられるナチュラルなアイテムが多く、デザインもシンプルでありながら個性が光る、そしてラインナップも豊富なおしゃれブランドです。

CYPRIS

CYPRIS メンズ財布
出典:CYPRIS

1995年創業のモルフォが展開する日本のレザーグッズブランド「キプリス」
国内外から仕入れたレザーはどれも厳選されていて質もよく、熟練の腕を持った職人たちによってひとつひとつ丁寧に作られた財布が並びます。「安価で高品質というのがキプリスのイメージです。とはいえ、高いものだと20万円~するクロコダイルレザーの革財布や、10万円~するような財布も扱っているので、すごく幅が広いんですね。

1万円台の財布でも安っぽい感じが一切なく、むしろ内張りに鮮やかな色のレザーを施してあったりと凝ったデザイン性が印象的です。内張りが一部合成皮革だったり生産国がベトナムであったりするところが、安さの秘密なのかもしれません。

PaulSmith

paulsmith メンズ財布
出典:paulsmith

PaulSmithはどちらかというとハイブランドとしてイメージされている方も多いかと思います。1970年にイギリスで誕生したハイセンスなファッションブランドのPaulSmith。シンプルな中に遊びココロやトレンドを織り交ぜたアイテムの数々は、20~30代の男性に特に人気があります。ポップなストライプ模様でおなじみですよね。

そんなPaulSmithの財布は、デザイン性もさることながら、機能性や上質さでも定評があります。展示品などの新品未使用品がネットに並んでいたり、お手頃なものでファブリック系素材のアイテムなんかも取り扱いがあります。

PaulSmithのファブリック系素材の財布は、チープさが全く感じられず、むしろエレガントでおしゃれな印象を受けます。丈夫さでいったら本革には劣るかもしれませんが、このファブリック系素材でできた財布は一見の価値ありですよ!!

Calvin Klein

Calvin Klein 財布メンズ
出典:sacsbar.com

こちらもメジャーブランド、Calvin Klein。1968年にアメリカで誕生したファッションブランドで、特に20代~30代の男性に人気が高い若年層向けのブランドです。

全体的にブラックを基調としたシックでエレガントなデザイン性が特徴です。中には総柄アイテムや、クロコダイルの型押しアイテム、派手な英字がプリントされたような奇抜なものもあったりと、ファッション性が高い財布も多く並びます。

高級なイメージもあるCalvin Kleinですが、一番高いものでも4万円弱とお手頃です。中には合成皮革素材やナイロン素材などのアイテムもあり、上質さというよりはデザイン性が重視されている印象を受けます。

いかがでしたか?財布(メンズ)でも1万円代で買える良品はたくさんありましたね。上質だけどシンプルとか、デザイン性は高いけど素材は安価なものであったりと特徴はそれぞれあります。購入の際は、細かい所をよく確認してみてくださいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:659 Stack trace: #0 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include() #1 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/menssaifu...') #2 /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/index.php(17): require('/home/menssaifu...') #3 {main} thrown in /home/menssaifu/saihu-mens.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 659